事業内容のご紹介

Home


安心・安全『まつだ屋ジビエ』

「ジビエ肉はニオイが強くて不衛生」
そんな固定概念を覆します。私どもは、鹿(シカ)・猪(イノシシ)を、捕獲から食肉加工まで全て一貫して行っている企業です。加工されたジビエ肉は、『まつだ屋ジビエ』のジビエ肉ブランドとして、徹底した衛生管理の上で販売しております。

■食のトレーサビリティ
流通しているジビエ肉の最大の問題は、捕獲と食肉加工の企業や団体が、それぞれ分かれて活動していることです。捕獲は殺処分を目的とし、散弾銃などの殺傷力の強い猟銃を使用する傾向にあります。また、殺処分後の適切な現場処理の知識にも乏しく、食肉加工業者への引渡しされるまでに時間を要することも多いようです。


鹿燻製(加工品)

鹿ミンチのハンバーグ(加工品)

捕獲から食肉加工までを全て自社で行っているので、食肉加工されたジビエ肉が「いつ」「どこで」「どのように」捕獲されたものかを、個体情報まで含めて全てデータ管理しております。この捕獲情報は食肉加工にも連携され、全ての販売されるジビエ肉の履歴を辿る「食のトレーサビリティ」に完全対応したジビエ肉です。

■安心・安全なジビエ肉加工のために
処理されるシカ・イノシシは野生動物であり、寄生虫やE型肺炎ウイルスを保有している可能性があります。だからこそ、捕獲から調理加工まで衛生管理への徹底した管理が必要です。
弊社では、鹿は全て罠による「生け捕り」をしております。猪などの猛獣は、最新の通信技術を用い、高度に調教した「ラガー犬」一頭による「止め猟(とめりょう)」を行っており、猪を走らせることなく、人間が近寄り瞬時で確実に仕留めます。これによって肉が焼けず、猪も興奮状態が続かないので、ストレスもなく甘くおいしい肉が確保できるのです。


罠で生きたまま捕獲した鹿

仕留めた猪は、現場で肉にダメージを与えないように適切な処理を行い、フレッシュな状態で食肉加工部門に引き渡します。また、食肉加工部門は「解体」から「加工」・「梱包」までを、「食品衛生管理者」による徹底した衛生管理の元で行っております。
弊社は、信頼できるジビエ肉のみを加工流通しており、トレーサビリティの取れない委託肉の取り扱いは一切行っておりません。

狩猟のプロフェッショナル集団として

弊社は環境省の管轄する「認定鳥獣捕獲等事業者」認定を受け、自治体からの要請を受けて害獣捕獲をしております。農作物の被害に苦しむ地域の方々の実被害対処のみならず、共生に適切とされる生息数レベルまでコントロールしていく事業であるため、豊かな野生環境に暮らす鳥獣が捕獲の対象です。
またジビエ肉販売とともに、狩猟用通信機器などの機器販売や、狩猟犬のトレーニング等を行っています(http://m-rager.com)。狩猟の様子はYoutubeチャンネルにて公開中です。


「ラガー犬」訓練の1コマ

■農林水産省「ジビエ利用モデル地区」選定
農林水産省は、深刻化する害獣対処と併せて、食肉としてのジビエ利用拡大を促進することを目的に、安全で良質なジビエの安定供給に向けた「ジビエ利用モデル地区」の選定を行い、弊社を主軸とする「延岡市ジビエ振興コンソーシアム」は全国17地区の1つとして選定されました(農林水産省プレスリリース。自治体や団体が中核となる地区が多い中、弊社は一般企業として採算ベースの事業を既に実施していたことが評価され、全国でも珍しい企業先導型の地区として活動を開始しております。
「平成30年度ジビエ倍増モデル整備事業」として支援を受け、ジビエ肉加工処理施設『まつだ屋ジビエ』をオープン致しました。


オープニングセレモニーの様子

日々の活動などを含めた報告は弊社フェイスブックに随時掲載中です。

食肉加工場の設備

食肉加工を行っている設備の一部です。基本的に、急速冷凍による真空パックでのお届けになりますが、解凍の際はほとんどドリップが出ず新鮮そのものです。また、生肉の加工販売も対応可能ですので、お気軽にご相談下さい。
なお、地方自治体の委託事業による捕獲のため、大量かつ安定した供給は困難です。加えて、より新鮮でおいしいジビエ肉をお届けするため、「認定鳥獣捕獲等事業者」の事業にご理解頂ける方への販売を優先しております。何卒、ご理解のほど宜しくお願い申し上げます。


2018年11月16日に落成したジビエ肉処理施設

搬入口および皮・内臓処置室

熟成庫と解体室

精肉加工室・冷凍/冷蔵保存施設

燻製機

↑ PAGE TOP